影野だって青春したい

0

根暗で、美人でも可愛くもなく、成績も悪く、友達もいない主人公の影野と、容姿端麗、成績優秀、運動もできて、女子からモテモテで友達も多い光永との恋愛マンガです。王道中の王道な設定で、キュンキュンさせてくれます。

格差恋愛マンガは多くありますが、何がそこまで惹き付けるかというと、光永の王道少女マンガヒーローっぷり。やさしく、影野を見守ってくれて、草食系に見せかけておいて、たまに乙女心をガッッとつかむことを言ってみたりやってみたり。大人の女でも乙女に戻ります。絶妙です。完璧です。参りました。ニヤニヤします。現実には絶対存在しませんよこんな男子。大人だから知ってますけど。でもときめいてしまうのです。女子だから。

女子と言えば主人公の影野。思考が後ろ向きで、根暗女子が感情移入しやすくて、大変良いです。ただ、影野は純粋でがんばり屋さん。光永に選ばれたというバネを使って、どんどん成長していく様がたくましいです。応援したくなります。光永との関係が進みそうになると、卒倒するくらいの奥手さんで、ギクシャクしたりするのがまたキュンキュンさせてくれます。

できるなら、もっと光永をヤキモキさせて、かきみだして、色んな光永の表情を引き出していただきたい。巻を追うごとに、影野馬鹿になっていく光永と、変わらず鈍感な影野。その設定のみで読者の妄想が止まりません。私だけではないはずです。

本編では、影野と光永は高校三年生。進路希望も固まり、卒業、進学という大イベントが待ち受けています。一体二人の仲はどれくらい進展するのでしょうか?雑誌の対象年齢的にはどこまでオッケーなのでしょうか?

多大な期待と、持ち前の妄想力で、今後を暖かく見守りたいと思います。